東京の賃貸に住み始めると

東京の賃貸に住み始めると、実に不思議なことがある。それは更新料があるということだ。
私は前に住んでいた地域では、最低一年間住まないと、敷金が返らないという内容の契約だった。
そのために、更新料は最低限住みなさいという意味なのかと思い、不動産屋に聞いたら全く別の答えで、真逆だったことを覚えている。
それだけ、地域のルールは違うということで、住み慣れていないところは、常識が通用しなかったりするので気をつけなければならない。

それでも、自分の地域と同じエリアだと、大体同じ形式をとっていることが多いので、それほど悩むことはないと考える。
東京の賃貸は、新しいマンションだと、更新料は2年くらいに一回発生して、一ヶ月分余計に家賃を支払わなければならないというシステムなのだ。
それでも、古いマンションや、人気のないところだと、そういうものがなかったりするので、
自分の経済力と相談ということになってくるので、どちらがいいとは言えない。

東京の賃貸は、ピンからキリまであるために、駅からどれくらい離れているかとか、築何年かということで、
様々な価格のものがあるので、自分に合った場所を探せるようになるといいと思う。
なかなか、初めからいいところに住める可能性はないので、何回か引越しをすればいいところに住むことができると思う。
そのために、礼金を支払わなければならないが、更新料を支払うのと一緒なので、2年で引越しをする人は比較的多いようである。

 

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`grow` not found]
[`twib` not found]